沖縄青の洞窟ではどう楽しむか

沖縄のダイビングスポットである青の洞窟ですが、どのように愉しめばいいのでしょうか。
青の洞窟は、観光スポットとしても有名な場所になっているのですが、青の洞窟ではどのように愉しめばいいのかを解説していきましょう。

青の洞窟はダイビングがおすすめ

沖縄青の洞窟を楽しむのであれば、一番その楽しみを味わう方法はダイビングですね。
ブルーの水の中の空間を泳いで楽しむには、やはり海底洞窟の中まで入っていくことですからね。
神秘的な青い光が差し込む海中遊泳は青の洞窟を楽しむ一番の醍醐味だと言ってもいいでしょう。
沖縄青の洞窟は、基本的に難しいダイビングスポットではないのでライセンスを持っていなくても、ダイビングショップの体験ダイビングに申し込めば参加することが出来ます。
日本でも、これ程のダイビングスポットはないので一番のおすすめレジャーですね。

ダイビングが不安なシュノーケリング

しかし、ダイビングは初心者でも参加できるとは言っても水中だと緊張してしまったり、不安を感じてしまうという人もいます。
酸素ボンベがあるとは言っても、不慣れな人には正に異質な空間なので、それが心配な人はシュノーケリングを楽しむのもいいでしょう。
こちらは、シュノーケルをつけて水面から海を覗き込むため、ダイビングほど難易度が高くないので、気楽に遊べます。

青の洞窟で楽しむ時期

基本的に、青の洞窟はオールシーズン楽しむことができるスポットになっています。
実は、沖縄の青の洞窟は冬場でも水温が比較的下がりにくくウェットスーツだけで充分体温を確保できるので、冬場でもダイビングやシュノーケリングを楽しむことができるんですね。
なので、季節を選ばず遊べる魅力があります。

関連する記事