沖縄青の洞窟ってどんなところ?

沖縄青の洞窟は、日本の中でも最も有名かつ人気なダイビングスポットとなっています。
今の、沖縄のアクティビティの流行りとしても段々知名度が上がってきているのですが、そもそも沖縄青の洞窟とは何ぞや、ということを解説しましょう。

沖縄青の洞窟は一つのスポットではない

まず、一つ勘違いされていることが多いのが沖縄青の洞窟という言葉が一つの場所を示している言葉だと思われていることですね。
実は、青の洞窟というのは沖縄以外にも世界中にそう呼ばれるポイントがあって、いわゆる透明度の高い海水と海底の砂の白さで太陽光線のブルーを反射することで水中が青く見えるダイビングスポットの総称のようなもなのです。
そして、更には沖縄には数十種類以上の沢山のダイビングスポットがあり、沖縄の真栄田岬付近にあるスポット全体のことを青の洞窟、と呼ぶんですね。

どんなダイビングスポットがあるのか

数十種類を超えるダイビングスポットがあるのが、沖縄青の洞窟の魅力なのですがまず洞窟という言葉の通り海底洞窟のようなスポットがありますね。
他には、サンゴ礁の群生地帯や魚群を間近で見て触れる事ができるスポットや、海底の地形が複雑になったようなスポットもあって、スポットによって見られる景色が全然違う、というのも青の洞窟というスポットの魅力だと言えるでしょう。

青の洞窟にいってみよう

青の洞窟は、これだけ沢山のスポットがありますので一度や二度の参加で全部を見てまわることができないため、何度もスポットを変えながら新鮮な楽しみを味わうことができます。
なので、何度行っても楽しむことが出来る、ということも沖縄青の洞窟というダイビングスポットの魅力となっているのです。

関連する記事