沖縄青の洞窟はなぜ青いのか

沖縄のレジャーであり、マリンアクティビティとしても人気が高くなってきているダイビングですが、沖縄青の洞窟というダイビングスポットは非常に有名ですね。
本当に、青い空間の中を泳ぐことができる青の洞窟ですがその内容についてを迫っていきましょう。

青の洞窟はなぜ青いのか

青の洞窟は、実際にブルーの水の空間を楽しむ事ができる場所なのですが、そもそも青の洞窟はどうして青い空間になっているのでしょうか。
沖縄の海、というのは透明度が高い水があることが特徴的なのですが青い海といいなぜ青く映るのかが気になりますね。
実は、この青く見える空間というのは神秘的な空間を作り出すのに必要な条件があるんですね。
まず、洞窟が完全に水没していること、そして海底の砂地が真っ白であること、そして太陽光が洞窟に差し込むような地形になっていることなんです。

青の洞窟が青く見える原理

青の洞窟では、太陽光が差込海底の白い砂地で反射するのですが、実は海中というのは太陽光の中でもブルー以外の光を吸収してしまうんですね。
なので、青い光だけが残って海中が青く光るように見える、という原理になっているのです。
特に、沖縄の海の砂地は珊瑚の欠片で出来上がった石灰質の砂なので、色が真っ白く太陽光をよく反射する、ということで青い光が際立つようになっているんです。

青の洞窟で再現できる空間

日本でも、砂地がここまで白くなおかつ太陽光を海底が反射するレベルの透明度の高い水の海、というのはなかなかないですからね。
沖縄の海くらいでなければ見ることが出来ないため、青の洞窟はそういう希少な空間を楽しむことができる、と言ったようなところも非常に魅力的なんですね。

関連する記事